歯科医院のTポイント加入

近年、日本全国ポイントカードの加入率がとても増えております。
TポイントジャパンはTポイントとヤフーとの提携で再スタートしました。
ポイントの中でもTポイントの会員数は2013年現在で約日本の人口の3分の1程度の4000万人です。
(実質1年未満にカードを使った方対象)カードの配布数は3億枚を突破しております。

歯科医院のメリット

Tポイントにおける連携の加盟店数は46000店舗

いままでは歯科医院はほとんど単独での経営スタイルが主でした。近年は時代とともに市場が変化している事実も周知の通りです。

ヤフージャパンは検索数ではトップレベルです。そのヤフーとの連携も今後は必須と考えます。歯科医院での広告媒体の変化、ホームページによる集客や患者さんの情報力の変化にお気づきのドクターも多くいると思います。よってポイント産業が今後情報のツールになるのは必然です。

情報のメリット

地域限定のTポイント加入者に対して情報発信

広告や情報を伝える方法はいままでとはおおきく異なっております。
看板を見てそれを書き留める人もとても少なくなりました。
それに変わってメールやスマートフォンが情報ツールになっているのはみなさんおわかりでしょう。
加盟店に入っていれば、お客様がスマートフォンアプリとしてGPS機能を使った現在地付近の店舗案内の際にTポイントが使えるお店としてご案内されます。

また、地域ターゲットを絞った案内メールの送付も可能です。(有料オプション)
駅前に看板を出していた時代は月8万円前後、年間で計算すると初期費用入れて100万などかかっていました。

現在の看板とメールやアプリとで比較をするとその差はあきらかです。

詳しくはお問い合わせまたはメールにてお願いいたします

こちらへ